【書き物】 寝ても覚めても関西弁
寝ても覚めても関西弁
東京は新宿育ち。約6年のカナダ生活を経て2008年6月に晴れて兵庫県宝塚市在住となったワタクシ、りティの関西生活奮闘記!
ちなみに夫は私のことを“妻ちゃん”と呼び、私は夫のことを“ゆき”または“夫ちゃん”と呼んでいます。
※ぜひぜひコメントをお寄せください☆
コメント欄が非表示の場合は、各エントリーの最後についている コメント(#)をクリックして表示してください♪
#27 - 人身売買ソング

今を遡ることウン十年、あるうららかな春の日。
小学校の入学式後の校庭で、6年生のお兄さん、お姉さんたちが、ピカピカの1年生になったばかりの私たちに教えてくれた遊び。
それがはないちもんめだった。

勝~ってうれしい はないちもんめ
負け~てくやしい はないちもんめ

隣のおばさん ちょっと来ておくれ
おに~が怖くて いかれません
おか~まかぶって ちょっと来ておくれ
おか~ま底抜け 行かれません
お布団かぶって ちょっと来ておくれ
お布団ビリビリ 行かれません

あの子が欲しい
あの子じゃ わからん
この子が欲しい
この子じゃ わからん
そ~だんしよう
そ~しよおっ

遠い記憶をたどりながら歌い終え、ふと隣をみると夫があんぐりと口をあけている。

夫 「な、なんやねんっ、それはっ!」
私 「へ?別に普通に歌っただけの、はないちもんめじゃんか。何か文句あんの?」
夫 「ありえへん・・・。なんやその隣のおばさんて。しかもお布団ビリビリて・・・。」

我が母校、東京都新宿区立大久保小学校では、これがデフォのはないちもんめとして、今も代々受け継がれているはずである。
ところが、どうやらここ関西では歌詞がだいぶ異なるらしい。
しかも夫と一緒に歌うと、歌詞が同じ部分さえもイントネーションが全く合わず、恐ろしい不協和音となるのだ。

何より決定的な違いは隣のおばさんである。夫のはないちめんには、隣のおばさんの出番は全く無く、
(まあ、我が大久保バージョンでも隣のおばさんはあれやこれや言い訳して、結局のところ出て来ないわけだが、)
関西バージョンでは「こうてうれしいはないちもんめ まけてくやしいはないちもんめ」と始まった後、
「た~んすながもち あの子が欲しい」という形で、いきなり本題に入るのだ。
イラチな関西人らしい単刀直入さだな、と納得できる反面、「タンス長持ち」って一体何よ?という疑問が湧いてくる。
これはもしや、キンチョーの陰謀か何かなのかっ?!(←タンスにゴン)

夫 「ちゃうちゃう!!たんすながもちは全く別のもん。 漢字で書くなら箪笥長持や。」
半信半疑でGoogleの画像検索をかけてみたところ、 長持とはこういうものだと分かった。なるほど。
キンチョー陰謀説、あっさり撤回。

さらに夫の話では、どうもこのはないちもんめの歌詞は、勝ち負けの話ではなく、
買い手がお花をお金の単位であるいちもんめ(一匁)で買って嬉しい、 売り手は花の値段をまけさせられて悔しいということであり、
しかもその裏には、子買いが遊郭に送る女の子を安く買えて嬉しい、値切られた親は悔しい、
という江戸時代の遊女奉公にまつわる人身売買の話を秘めた歌だとか・・・。

うわ、こわっ。そらあんた、隣のおばちゃんもびっくりだよ!!

登録日: 2011/11/12 コメント(6)
コメントぷり~ず♪
※改行、HTMLコードは反映されません。
童歌って、実際怖い意味だったりするんだよ…。「かごめかごめ」とか「ドナドナ」とかね。「ずいずいずっころばし」もあんまいい意味なかった気がする。ちなみに、「はないちもんめ」は新潟もすぐに本題に入ったなぁ。隣のおばちゃんもお布団ビリビリもなかったぜよ。 by たか ('11/11/13 12:16)
うちのトコもりティと歌詞一緒!新宿と一緒!!うへへ(*^_^*) by misamba ('11/11/13 18:13)
奥深し&怖し、わらべ歌!二人とも有力情報をありがとう。そうか、新潟には届かずとも、八王子とは一緒ということは、隣のオバちゃんは東京のほぼ全域には勢力を誇っていると言えそうね。(笑) by りティ ('11/11/13 20:39)
お久しぶりです(^^)子供の遊びの呼び方も地域で異なりますね。警察と泥棒に分かれて捕まえっこをする遊びを「警泥」と呼ぶか「泥警」と呼ぶかで先日FBで話題になっていましたが、大阪では「探偵」! by TomoT ('11/11/19 23:36)
え~っ。探偵ぃぃぃ?!探偵って追いかけるんでも、られるんでもなく、全然役割が違うじゃないですかっ!!でも夫ちゃんに言ったら涼しい顔で「そうや?」って当たり前って顔されました・・・。 by りティ ('11/11/21 21:49)
人身売買想定で、改めて最初の歌を検証。1.隣のおばさんに何をしに来て欲しいんだろう?2.鬼って誰のこと?3.おかまがそこ抜けてたらホントは被り易いはず。「なにかが見たくないから行かない」ってこと?4.布団ビリビリ... おかまが底抜けで布団がビリビリ... お隣り、何があった? by こーへい ('12/2/22 00:06)
#26 - ダーッと進んでイタリアン

昼休み終了のちょっと前。外でお友だちとランチをして戻って来られた先輩との会話。

私 「今日はどこのお店に行かれたんですか~?」

先輩 「初めて行ったイタリアンレストランやねんけど、イタリア人シェフが経営してて、内装もお料理もええ感じやったよ。」

私 「へ~!それってどこにあるんですか?」

先輩 「ん~、割と近く。会社のビルを出てすぐの信号をシュッと渡って、角をキュッと曲がって、ダーッって行ったトコ。」

私 「あ、あの・・・、そのダーッて、一体どのくらい歩くんでしょうか?(^^;

関西で地図を開いて困っていると、かなりの確率で誰かが寄ってきて助けてくれる、というのは有名な話。
私も関西に来て間もない頃、大阪駅でウロウロと迷っているところを何回かそうやって助けていただいた。
今思えば、あの優しい人たちもシュッとかチャッとかキュッとかズーンとか言いいながら道を教えてくれた気がする。

さらに、世間には 『キュッと曲がって90度! 関西オノマトペ用例集』 なる専門書(笑)まで存在するらしい。
どうも、この本の作者が天神橋筋商店街の歩行者100人を対象に調査したところによると、
「キュッと曲がる」のは90度(43人)で、その他にも「シュッと曲がる」は30度、「グッと曲がる」は45度、
さらに「キュッと曲がってちょっと戻る」は150度といった回答が得られたとか・・・。

この本、アマゾンには中古品しかなかったが、さっそくポチッと購入。
届け先を会社にしたので、シュッと届いて、シャッとあけて、先輩やチームのみんなと一緒にドワーッと盛り上がる瞬間が今から待ち遠しい。

登録日: 2011/10/17 コメント(6)
コメントぷり~ず♪
※改行、HTMLコードは反映されません。
俺、新人に仕事教える時に、シュッとか、ピャッとか、ムワッとか言ってるらしい。 by たか ('11/10/18 23:28)
うちの息子とか、中学生とか、そんな説明多くてさぁ。「あんたら、いつまで幼稚な説明してんの!?」とか言いまくってたのに…それも文化なんですか・・・私、文化否定しちゃった?てかその本私もほしい。 by るみか ('11/10/23 01:13)
大阪弁では「シュッとした…」に続くのは「男」とか「顔」もあるでェ~ by TomoT ('11/10/25 23:45)
たかもアタシと同じで前世は関西人だね、絶対。るみかちゃん、そうよ、それはれっきとした文化なんですよ。ウルフルズの大阪ストラッドもごっついよ~。オススメ。私的にはTomoTさんもシュッとしたイメージだなぁ。拳法家さんだから余計に。イヒ。 by りティ ('11/10/25 23:55)
そぅです。そのとおりです。関西人(私も)、音を言葉にする事が多いですぅ~。「そこを、プっと曲がった所」なんて、良く使います。なんだか、改めて、関西弁の事を、言葉として読みますと、うへ~~~ってな事が多く、楽しんで読ませてもらぃましたぁ。 by みぽりん ('11/11/20 21:19)
プっと曲がったところ、って表現が何ともみぽりんさんらしいなぁ~。きゃわいいっ。 by りティ ('11/11/21 21:47)
#25 - 異臭騒ぎ

数か月前のある日。伊勢への家族旅行から帰宅し、既に数日が経過していたが、
せま~い我が家の廊下には、依然としてある黒くて重くてボロい物体が置きっぱになっていた。
そしてその朝、私はその物体につまずき、ぶざまにも・・・コケた。

私 「ゆきーッ!!なんでこのオンボロカメラバッグがこんなところにあんのよ!あーもう、邪魔くさいったらありゃしない!!」

長年愛用している自身のカメラバッグが突如攻撃の的となりオロオロしながらも、夫が蚊の鳴くような声で何かをつぶやいた。

夫 「あの・・・。妻ちゃん、それちゃうよ・・・。」

私 「は?(ギロッ)何が違うっていうのよ!このオンボロバッグはゆきのでしょ!!」

夫 「いや、その・・・邪魔くさいって・・・」

私 「キーッ、ゴチャゴチャ言ってないでとっとと片づけてちょうだいーっ!」

私の権幕(え、八つ当たり?)に恐れをなし、その日はすごすごと引き下がった夫であったが、
彼がこの時言わんとしていたのは、私の邪魔くさいという言葉の誤用についてであったことが後日判明した。

この邪魔くさいというのは、関西に来てから耳で覚えた言葉なのだが、
よくよく聞いてみると、確かに何かが邪魔な時には使われておらず、単にめんどくさいの意なのである。

そして、こんな邪魔くさい説明をするハメになった私は、またしても廊下に鎮座している黒くて重くてボロい物体を睨みおろしている・・・。
もう、イーーッてなる、イーッて!!(怒)

登録日: 2011/10/15 コメント(3)
コメントぷり~ず♪
※改行、HTMLコードは反映されません。
へ?「邪魔くさい」をめんどくさいの意で使うのは関西弁?知らなんだぁ。 by 回転太郎 ('11/10/15 15:54)
だと思いますよ~。先日、上京もとい東下り(←と言わないと夫がブツブツ言う。都は京都や・・・とか。)した際に、親戚や友人に確認しましたけど、みんな「へ~っ」て言ってましたもん。 by りティ ('11/10/15 16:48)
言う言う〜。吐き捨てるように言うよね(笑) by るみか ('11/10/15 21:39)
#24 - ぐるぐるぐるぐる環状線

関東と関西の電車システムのギャップについては、まだまだ色々ネタがある。
というわけで、「#21 カモノハシvsペンギン」に続き、鉄ネタ第二弾。
本日のお題は環状線について

実家の最寄り駅が新大久保の私にとって、環状線と言えばそれはもちろんまーるい緑の山手線♪である。
従って、私の環状線のイメージを挙げると・・・

これに対して大阪環状線はと言うと・・・

また、どちらの環状線にも韓国色の強い駅があるが、山手線の方は韓流ブームの新興観光地なのに対し、
大阪環状線の方は、ブームなんてチャラくて生ぬるいものではなく、昔ながらの本気(マジ)な韓国街である
などの相違点も挙げられる。

逆に夫に言わせると「駅によってテーマソングがあるねんなぁ・・・」とか、
「ぬぉっ、ドアだらけやん!!(山手線の6枚ドア車両に対して)」など、
やはり“東京環状線”には違和感を覚えるらしい。

東京と大阪の2つの環状線。それらは似て非なる乗り物なのである。

登録日: 2011/10/14 コメント(6)
コメントぷり~ず♪
※改行、HTMLコードは反映されません。
山手線の運転士は、ときどき京浜東北線や埼京線がうらやましくなる、らしい。 by たか ('11/10/15 15:07)
ぶ。そうか、やっぱり追い越したい衝動に駆られるんだね。ある意味バスだよね、アレ。(笑) by りティ ('11/10/15 16:46)
携帯からだと名前欄つぶれて見える。大阪環状線って凱旋門前のロータリー(名前忘れてた)みたいじゃない?息子は一人でばぁちゃんちに行く時、大阪で自信がないと、駅員さんに聞くらしい。「これは久宝寺に行きますか?」って。 by るみか ('11/10/15 21:36)
お、るみかちゃん!うれすぃ~。初投稿ありがとう!!ぜひこれからもガンガンツッコミよろしく~。聞くは一時の恥だからね。息子ちゃんは賢い。名前欄がつぶれてるのか・・・。ゴメン。携帯も意識して作らないとダメかなぁ。ちなみにるみかちゃんのはガラ携?スマホ? by りティ ('11/10/15 21:49)
あたし、ガラ携です。 by るみか ('11/10/17 06:48)
実は私もガラ携なんです。こだわりがあってね。ご指摘の通り、やっぱり私の携帯ブラウザでも名前欄は高さが不十分でした。うーん、かと言って、広げるPCの方でえらい間抜けになっちゃうし・・・。できるだけ早いうちにブラウザ分岐処理を掛けますね。ご不便をおかけいたします。m(_ _)m by りティ ('11/10/17 19:16)
#23 - お洒落な上方言葉 <TomoTさんからのご投稿>

関東人妻りティのおバカで笑える関西生活奮闘記をお送りしている当コーナーですが、
本日は、特別番外編といたしましてTomoTさんからお寄せいただきましたお洒落な上方言葉の世界をご紹介しま~す。

子供の頃、普段めったにしないことを気まぐれにやると、よく母親から「アマケノホッサに…」と言われました。
頭の柔らかい子供の頃なので「何のホッサ(発作)?」などと意味を尋ねることもなく言葉をそのまま覚えていましたが、
成人して親元を離れてずい分たってから、ふと手にした「大阪ことば辞典」でまさにその言葉を見つけて腰が抜けるほど驚きました!

「アマケノホッサ」と聞こえたのは「雨気の星さん(アマケノホッサン)」で、雨天の夜空には星はほとんどない(つまり滅多にない)ことを意味する大阪の古いシャレ言葉でした・・・

うちの母親は住吉大社のすぐ隣で生まれ育った生粋の浪花女ですが、今まで他のひとからこの言葉を聞いたことはありません。 消えつつある上方言葉の無形文化財保持者として”博物館モノ”ですね!死なすのはもったいない(^^;

ついでながら、母親の母親(つまりお祖母ちゃん)はよく「体(からだ)」のことを「かだら」と言っていました。「昔のひとで教育を受けてないから」と子供ながらに恥ずかしく思っていましたが、やはり「大阪ことば辞典」で「からだ」を「かだら」ということを知り、こちらが恥ずかしくなりました。 上方言葉おそるべし!

TomoTでした。

登録日: 2011/10/3 コメント(2)
コメントぷり~ず♪
※改行、HTMLコードは反映されません。
TomoTさん、ありがとうございます☆『大阪ことば辞典』私も買おうかな~。TomoTさんは素敵なエピソードや高尚な趣味もたくさんお持ちだから、ご自身のブログを開設されてはいかがですか?(^_^) ネタには尽きないと思うな~。FB経由とかで読者もかなり増えそう! by りティ ('11/10/3 01:43)
特別枠で母や祖母のことを紹介していただきありがとうございます。古き良き大阪言葉は確実に失われつつありますね。辞典も結構ですが、上方歌舞伎、文楽や大阪が舞台の映画(「夫婦善哉」など)や芝居などでは生きた言葉に触れられます。ますます上方言葉に興味をもって好きになってくださいね! by TomoT ('11/10/3 23:21)