【折り紙】 川崎博士のバラ比較
川崎博士のバラ比較
カワサキローズ
世界に冠たるカワサキローズ。創作者の川崎敏和先生による数々の書籍に掲載されているバラの折り図は、 実は完成形の違いから、大きく分けると6種類、花芯/花の中央の大きさのバリエーションまで含めると8種類もあるのです。皆さんはこれらの違いをご存知ですか?

*2014年9月現在。ただし、サイトオーナーの独自調査結果つき、オフィシャルな情報ではありません。
タイプ 上正面 サイド1 サイド2 底面
# 1 Origami Rose Origami Rose Origami Rose Origami Rose
# 2 Origami Rose Origami Rose Origami Rose Origami Rose
# 3 Origami Rose Origami Rose Origami Rose Origami Rose
# 4 Origami Rose Origami Rose Origami Rose Origami Rose
# 5 Origami Rose Origami Rose Origami Rose Origami Rose
# 6 Origami Rose Origami Rose Origami Rose Origami Rose
# 7 福山ローズ Origami Rose Origami Rose Origami Rose
# 8 3分ローズ Origami Rose Origami Rose Origami Rose
タイプ 上正面 サイド1 サイド2 底面
注:上記表中のタイプ番号は私りティが便宜上、独自に付けたものです。
タイプ1: 『バラと折り紙と数学と』 p.104

Origami Rose

Origami Rose Origami Rose Origami Rose

Book1 知る人ぞ知るこの『バラと折り紙と数学と』。この本の初版は1998年9月で、 本全体の2/3は様々な作品の折り図が載っていますが、残りの1/3は数式や展開図を伴うザ・数学の世界! 川崎氏ご本人曰く、 「使っている数学は中学の幾何程度(三平方の定理や三角形の内心など)です。 数学が苦手な方でも、第4章折り鶴の変形の中の展開図を折ってみれば、 折り鶴の奥深さやおもしろさが感じ取れることでしょう。」とのこと。 さすがはこの道で博士号を取得された川崎氏。ご本人の格調の高さがよく表れていて、 折り紙本としてはかなり独特な構成の本だと感じます。

タイプ1 金と緑 このタイプ1は「バラのつぼみ」という名前で掲載されています。川崎氏考案のバラ全てに共通する ねじり折りの立体化がベース。 ただし、他のバラと決定的に違うのは底面に手裏剣型のガクができる点。 ですから、両面異色の折り紙で作れば、左の写真のように金の花に緑のガクと言った、オシャレな作品に仕上げることもできるのです。 しかもスルッと折り込み、ぴたっと止まるこのガク作りの仕上げ工程はちょっと快感?! このガクを作る工程は現在までのところ他のタイプには見られないので、このタイプに独自のものと言えるでしょう。 次のタイプ2のように、最後の折り返し工程で、ひっくり返してかぶせるなどの慎重さを要する作業がない分、仕上げの工程は比較的簡単。 ただし、ねじり折りを立体化してから、折り線をつけながら立体中割りをするのは、なかなかつらいものがあるので、 私は立体化する前にこの折り線をつけています。 (= 工程11が終わった時点で、工程23~26の作業をしてしまう。それから巻いて立体化する。) この辺りは『夢WORLD 花と動物編』のp.61 工程14~23が「作業の流れ」の参考になるかもしれません。

タイプ2: 『バラと折り紙と数学と』 p.109 および 『折り紙 夢WORLD 花と動物編』 p.60

Origami Rose

Origami Rose Origami Rose Origami Rose

真打ち登場!川崎氏によるバラの中でも最も難易度が高いとされ、非常に美しく、とても人気のある作品です。この作品は、 『バラと折り紙と数学と』 および 『折り紙 夢WORLD 花と動物編』 に折り図が載っています。 その難易度から、このバラは近年に考案されたものと勝手に思っていましたが、と~んでもない! この作品は1980年代後半には既に考案されていたとのこと。 つまりこのタイプ2はタイプ3とほぼ同じくらいの長い歴史を持つ作品ということですね。

初出の時期に興味があって、以前に私がNOA筑後の旧連絡板(掲示板)にて質問をしたところ、 代理人の岡様、そして川崎氏ご本人様より詳しいご回答をいただきました!何ともうれしいやら恐縮やら。 気になるその内容は以下の通り。

1989年12月にイタリアに行ったときには展示しており、New Roseとかなんとか説明していたような気がします。 ただ、完成してすぐに作品のみを披露することはめったにないので、半年から2年前くらいにできていた可能性があります。 89年の3月にブラジルに行ったときに展示していたかどうか調べれば、完成時期を絞り込むことができると思います。
- NOA筑後旧連絡板 スレッド#543 より -
1989年秋にイタリアで“New Rose”と紹介したバラは、アルバムや妻の記憶によると、1989年8月~11月にできていたようです。
- NOA筑後旧連絡板 スレッド#643 より -

Book5 Book3 Book1 巷ではこのタイプが、カワサキローズとして呼ばれることも多いように思いますが、 厳密に区別するのであれば、カワサキローズというのはやはり後述のタイプ3やタイプ6の原型に近い(?)モデルのことで、こちらの最も難易度の高いタイプ2は 本来ならばNew Roseと呼ばれるべきなのかもしれません。 川崎氏によるバラは全てカワサキローズでいいじゃん、というご意見もあるかもしれませんが・・・。

この最も難しいとされるバラの折り図は、1998年9月初版の『バラと折り紙と数学と』では「バラ」、 そして2003年8月初版の『折り紙 夢WORLD 花と動物編』では「薔薇」というタイトルで収録されています。 これら二つの書籍の折り図の違いは、前者の発行から5年たって発売された後者の方が、 説明がより丁寧で細かい、ということ。 後発の『折り紙 夢WORLD 花と動物編』にて改良された点については、

の2点だと思います。

※追記:このタイプ2は、『究極の夢折り紙』のp.46にも収録されていますが、折り図の行程の違いについては未検証です。スミマセン。

この作品に初めて挑戦する場合は、ある程度強度のある紙を使うのが良いでしょう。 またこの作品は横から見た時に裏面の色が出てしまうので、両面同色のタント紙や和紙がオススメです。

タイプ2 底面 ところで私には、底面をいかにきちんと角が整った正方形にできるかでこの作品の真の美しさが決まる、 という妙な自分的こだわりがあります。これを実現するためのポイントは、p.61、工程20の点線の斜線。 この斜線をきちんと小さな四角目地の対角線上を通して谷折りすることです。 特に★印の左上、ちょうど斜線全体の真ん中あたりは、きちんと縦横の十字目地と交差させることがポイント。 せっかくの美しいバラですから、底を見たらぐちゃぐちゃでちょっとがっかり、とならないようにしたいものですね。(^_^*)

タイプ3: 『折り紙 夢WORLD』 p.74

Origami Rose

Origami Rose Origami Rose Origami Rose

Book2 タイプ3は、ファンの間ではしばしば汽車の(表紙の) 『折り紙 夢WORLD』と呼ばれる本に掲載されているバラです。 このタイプのバラは、巷では時につぼみのようなバラ、などと表現されることもあるようです。 その理由は恐らく次でご紹介するタイプ4が、この汽車の夢WORLDの中で、「応用・ひらいたバラ」という題名で紹介されているからでは?と推測されます。 同じ本に載っているタイプ4が「ひらいたバラ」なので、こちらのタイプ3は「ひらいていないバラ」→「つぼみのようなバラ」ということになったのかな、と。 しかしながら、先にご紹介したように、「バラのつぼみ」というれっきした作品が『バラと折り紙と数学と』に載っているので、 つぼみのような、などの表現はそちらにのみ使う方が混乱を招かないかもしれません。

このタイプ3の折り方にわずかな変化を加えると、後述のタイプ6になります。 なお、この汽車の夢WORLDの初版は2001年7月1日ですが、 NOA筑後のデータベース おりがみ「いろは」によれば、その16年前の1985年に出版された『ビバ!おりがみシリーズ2 - トップおりがみ(笠原邦彦氏編著)』にて、 既にこの作品の折り図が登場していたとのことです。

タイプ4: 『折り紙 夢WORLD』 p.80

Origami Rose

Origami Rose Origami Rose Origami Rose

Book2 このタイプは、先のタイプ3の仕上げに手が加えられ、「応用・ひらいたバラ」という題がついたものです。 折り図はやはり汽車の表紙の 『折り紙 夢WORLD』に載っています。 変化はほんの数工程なのに、これだけで見事に一番外側の花びらが開くのには感動しました。

ところで、このタイプ4「ひらいたバラ」の微妙なアレンジ版として「折りばら(福山ローズ)」という作品が存在します。(当サイトではこれをタイプ7と表現することにします。) これらは完成した時の形がほぼ同じように見えるので、同じものと理解されているようですが、実際にはわずかな違いがあります。 その違いとは花芯作りの工程でできる折り線の角度で、一度折り上げたものを展開して折り線を見比べてみればはっきりと分かります。 「ひらいたバラ」は、前述のタイプ3を基盤としているため、花芯裏から花びらの端まで届く折り線の曲がる角度がとても急。 花芯は指で引き上げて開くことになります。(詳しくは汽車の『夢WORLD』p.77の工程34~38を参照。) これに対して、折りばら(福山ローズ)では花芯を作る際に、後述のタイプ6と同じ技法が使われているため、花芯は指で引き上げて開くのではなく、 折っていく中で自然な曲線として立体に仕上がるのです。

福山ばら祭サポーターグッズ この「折りばら」は、バラが市のシンボルである広島県福山市が、市の折り紙モチーフとして推奨している作品であり、 そのため、カワサキローズファンの間では福山ローズの愛称で呼ばれているのだと思います。 福山市では定期的に折りばら講習会が開かれたり、見やすい折りばらの折り図が入ったパッケージが販売されたりしています。 「折りばら(福山ローズ)」の公認の文字の入った折り紙パッケージは、福山ばら祭サポーターグッズだそうです。 このセットはネットでも購入できますし、折り図もなかなか丁寧で分かりやすいと感じますので、入手してみて損はないと思います。 「でもでも、どうしても今すぐ折ってみたいの~!!!」という方は、福山工業高校のサイトで公開されている折り図がありますので、そちらをご覧になってみてください。

繰り返しになりますが、このページでご紹介している川崎氏の4冊の本の中には、 これら「折りばら(福山ローズ)」と全く同じ完成形に仕上がる折り図は含まれていませんのでご注意ください。 (とか言いつつその違いは本当にごく微妙なものなのですが・・・。)

※折りばらセットの画像は2009年5月のパッケージリニューアル以前のバージョンのものです。
タイプ5: 『折り紙 夢WORLD 花と動物編』 p.58

Origami Rose

Origami Rose Origami Rose Origami Rose

Book5 Book3 こちらは「一分ローズ」と題され、バラの表紙の 『折り紙 夢WORLD 花と動物編』に収録されているものです。

慣れれば1分で作れるという作品ではありますが、私にとっては、これが一番美しく仕上げるのが難しいなぁ~という作品だったりします。(^^; その理由は折り線の明確な目安がなく、その時々によって形が変化してしまうから。 ただ、うちの母に言わせばこれが最もバラらしく見えるそうで・・・。 正確な左右対称(幾何学的)ではないが故に、他の作品よりも自然に見えるのかもしれませんね。

折り図については、2003年8月初版の『折り紙 夢WORLD 花と動物編』に収録の他、 日本折紙協会の月刊誌、2000年8月号の『おりがみ 300号』でもローズ・アズ・ユウ・ライクとして掲載されているそうです。 Rose as you like、つまり敢えて明確な折り線の終始点を指定しないことで各自が好きなように折れる、 という自由度の高さを意図して考案された作品なのでしょう。

個人的にはこの作品のポイントはp.58の工程6、7あたりで、1,2,4の花びらの高さをいかに上手く調整するかにかかっている気がします。 とは言え、未だに自分で納得のいくものを作れた試しがないのですが・・・しゅん。

※追記:このタイプ5は、『究極の夢折り紙』のp.11にも収録されていますが、折り図の行程の違いについては未検証です。スミマセン。

タイプ6: 『博士の折り紙 夢BOOK』 p.60

Origami Rose

Origami Rose Origami Rose Origami Rose

Book4 このタイプ6はタイプ3が微妙に変化したものと捉えることができると思います。 この折り図が載っている 『博士の折り紙 夢BOOK』には、以下のように書いてあります。 「筆者の名刺がわりともいえる作品です。海外で“Kawasaki Rose”と呼ばれています。」 ということは、タイプ6、ひいてはその原型と見られるタイプ3が、本来のカワサキローズと呼ばれるべき作品なのかもしれません。

このタイプ6とタイプ3との微妙な違いとは、花芯の開き方とその裏の折り線の角度だと私は思います。 花芯は指で引き上げて開くのではなくて、事前につけた折線を使って、全体を丸くたたんでいく過程で、自然と立体に出来上がるようになっています。 その結果、タイプ3よりもこのタイプ6は花芯の開きが若干狭くなり、より引き締まった印象を与えているのです。 これについては下記の「おまけ:近似バラ4種の相対表」も併せてご覧ください。

おまけ1: 近似バラ4種における花びらと花芯の相対表
閉じた外側の花びら 開いた外側の花びら
広い花芯
タイプ3
“汽車の” 夢WORLD

タイプ4
“汽車の” 夢WORLD
狭い花芯
タイプ6
博士の折り紙 夢BOOK

折りばら(福山ローズ)
福山工業高校サイト
おまけ2: 折り図の出典一覧
注:初版発行日は各書籍記載のもので、必ずしも実際の発売日と同じとは限りません。
Book1
『バラと折り紙と数学と』
初版: 1998.09.01
ISBN: 4627016719
Origami Rose
“バラのつぼみ”
(タイプ1)
p.104
Origami Rose
“バラ”
(タイプ2)
p.109
Book1
『おりがみ 300号』
初版: 2000.08.01
ISBN: ナシ
Origami Rose
“ローズ・アズ・ユウ・ライク”
(タイプ5)
p.8
sojuさんの
情報ご提供に感謝!
Book2
『折り紙 夢WORLD』
初版: 2001.07.01
ISBN: 4255000964
Origami Rose
“バラ”
(タイプ3)
p.74
Origami Rose
“ひらいたバラ”
(タイプ4)
p.80
Book3
『折り紙 夢WORLD
花と動物編』
初版: 2003.08.15
ISBN: 9784255002385
Origami Rose
“一分ローズ”
(タイプ5)
p.58
Origami Rose
“薔薇”
(タイプ2)
p.60
Book4
『博士の折り紙 夢BOOK』
初版: 2006.12.20
ISBN: 9784255003788
Origami Rose
“ばら”
(タイプ6)
p.32
この本に収録のバラは
左の一種類のみです。
Book5
『究極の夢折り紙』
初版: 2009.12.25
ISBN: 9784255005058
Origami Rose
“薔薇”
(タイプ2)
p.46
Origami Rose
“一分ローズ”
(タイプ5)
p.11
Book6
『ばらの夢折り紙』
初版: 2014.08.15
ISBN: 978-4-255-00787-8
“3分ローズ”
(タイプ7)
p.44
※計6タイプが
掲載されています。
詳細は下記を
ご参照下さい。

※『ばらの夢折り紙』には、なんとこれまでに発表されていたほぼすべてのタイプに加え、この本で新たに発表された“3分ローズ”の折り図が掲載されています!その上、全ての作品(「7角ローズボックス」を含む)に対して、川崎先生直々の折り方動画のDVDが付いています。 他の書籍との折り図の比較については、いずれまた時間を見つけて研究してみたいと思っています。

以上、2014年9月時点での私りティ個人のまとめでございました☆
ご感想や何かお気づきの点等ございましたら、ぜひ掲示板にてお知らせください。m(_ _)m

[ このページのトップに戻る ]